2009年12月31日木曜日

インプラント手術用ユニット
treatment unit #2 for dental implant surgery


診療室紹介の2回目は、ユニット#2のインプラント手術用ユニットです。


手術シミュレーション用大型モニタ:
術前に撮影するCTデータを専用のPCにて再構成し、立体視することで、インプラントを正確な位置に埋め込むことができます。その「設計図」を手術中に常に確認できるようにしています。



外科手術用無影灯:
歯科用治療ユニットにはもともと口腔内を照らすためのライトが付いていますが、より明るい環境を作ることで、暗い口腔内での治療をさらに正確なものにしていきます。


生体情報モニタ:
手術中、患者さんの身体の状態をモニタする機器です。自動血圧計・心電図・経皮的動脈血中酸素飽和度などを測定します。全身状態を把握することで、より安全な手術を受けることができます。


当院では、インプラント埋入に必要な骨量を増やすための手術(GBR、ボーングラフト、サイナスリフト)を行う手術や、無歯顎(歯が一本も残っていない)に対する多本数のインプラント埋入手術など、通常よりも難易度の高い症例が多くあります。
こういった手術においても、できる限り患者さんに対する身体的負担を軽減させるため、より迅速に、正確に、安全に、手術を行えるような環境を整えております。

Dr.T

0 件のコメント: