2012年7月23日月曜日

診療のコンセプト 〜 Achieving predictability & sustainable care and cure

私たちの考える歯科診療の治療コンセプトは、次の4語で示すことができます。

"Accuracy"     「正確性」
"Precision"   「精密性」
"Predictability" 「予知性」
"Sustainability" 「持続可能性」



まず図の中央にある予知性 ("Predictability")という言葉は
一般的には「予測可能な」という意味ですが
歯科の世界では、治療後に良好な結果が長持ちする(Longevity)とか、良好な予後という意味合いで使われることが多いです。
一時的にはよく見える治療結果でも、しばらくしたら元の悪い状態に戻ってしまっては意味がありません。
良好な状態を長期にわたっていかに維持させるかということ(=予知性の高い治療を行うこと)が治療の目標になります。




良い治療結果を得るために、術者が持たなくてはならない能力は2つあります。
"Accuracy" & "Precision"「正確性」「精密性(精度)」です。


まずは正確性の高い診断と治療の計画を綿密に行う必要があります。
そしてそれを実行するためには、精度の高い治療技術が要求されます。
それら2つが揃って、長期的に良好な治療結果を得ることができます。


しかし残念ながら、一生涯、絶対に長持ちするという治療技術は存在しません。
口腔内の環境は、年齢や全身的影響により変化しますし
生体組織そのものに、人工的な材料や治療技術はまだ追いついていないのです。


ですから、どんなに良好な治療結果を得たとしても
いずれ再治療が必要になる可能性は考えておかなければなりません。


治療したところは、最大限良好な状態を保てるようにメンテナンスをしっかり行って、万が一、再治療が必要になった場合には、最小限の治療介入で状態を維持できるような口腔内環境の設計をしていくことが、歯科治療における"Sustainability"と私は考えています。




当院では、正確性の高い診断が行えるよう、綿密な検査と治療計画を立案します。より高度な診査診断のために、歯科用CTなどのX線診断機器や顎咬合診断機器を利用することも可能です。
一人一人の患者さんに最良の治療を選択して頂き、手術用顕微鏡下での精度の高い歯科治療、専門性の高いインプラント治療でPredictabilityとSustainabilityの高い結果をご提供していきます。



AI+MED Team Leader   T.Kanai