2018年8月26日日曜日

I. インプラント難症例・インプラント専門医が行う治療とは?

I. 前歯部のインプラント治療と骨造成の術のはなし
~歯を抜くと、歯ぐきがやせる? 

インプラント治療の中でも、比較的簡単な治療と難しい治療があります。
どういうケースが難しいのか、今回は「前歯のインプラント治療」について説明していきます。


インプラント治療が難しいケースというのは、どういった場合があるのですか?
歯を抜くと歯根を失うだけでなく、その周りの骨や歯肉も少なくなってしまいます。
インプラントは失った歯根の替わりとなるものですが、減ってしまった骨や歯肉は他の方法で回復させる必要があります。 こういった場合は複合的な処置が必要になりますので、治療としての難易度高くなると言えます。



あごの骨や歯茎が減ってしまうのですか?
たとえば前歯を抜歯することになった症例ですが (図1) 、歯を失っただけでなく、歯肉のふくらみがなくなっているように見えると思います。


図1 抜歯後の歯肉の状態


となりの歯茎とくらべるとだいぶ凹んでしまっていますね。
これは、歯を支えている支持組織である歯槽骨や歯肉が一緒に失われてしまったためです。
CT
によるX線撮影によって歯肉の下にある骨の状態をみると、骨の厚みは歯を抜くことで半分くらいに減ってしまいます。 (図2)


2 抜歯後の歯槽骨の状態 (左:抜歯後)(右:反対側同名歯の健康な状態)


くちびる側の外側の骨がなくなってしまうんですね。
歯根と線維で繋がっている骨が唇側に多いため、歯を抜くことで吸収してしまいます。
特に前歯部はもともと骨が薄いので、吸収が顕著に認められます。


インプラントは骨の中に埋めるんですよね。骨の厚みが足りない時はどうするんですか?
はい。インプラントを支えるためには、十分な量の骨が必要になります。 そのために、骨を増やす治療を行います。 この患者さんの場合は、インプラント埋入手術と一緒に、骨移植を行っています。(図3)


3 インプラント埋入手術(骨造成)


骨移植ですか?なんかちょっと怖い感じがしますね。
骨移植に患者さん自身の骨を使う場合は、「下顎枝」といわれる部分から骨を採取します。 下あごの親知らずが生えている辺りのあごの骨を、お口の中から少し削ります。 ですので、患者さんの感覚としては、親知らずの抜歯に近いと思います。
また人工的に作られた「骨補填材」といわれる、骨の替わりになる材料も使います。 たくさんの骨を採取する必要がありませんので、患者さんへの負担は少なくなりますね。


人工的な材料でも骨はちゃんと増えるのですか?
最終的には骨補填材を足場にして、自身の身体の細胞が新たに血管や骨を作っていくことになります。これには4〜6ヶ月ほど時間が必要です。
また術後は細菌感染に注意が必要になります。長期の喫煙や糖尿病など細菌感染のリスクが高い患者さんや免疫力の低下した患者さんへの使用は、術後の傷の治りが悪く、細菌感染を起こすリスクがあります。これは自家骨移植でも同等のリスクがあります。
使用に際してはよく説明をうけて頂くようにしてください。


GBRなどの骨増生(骨移植)で使用する移植材料としては、口腔内から採取する自家骨以外に、以下の骨補填材料を使用しています。
商品名
一般名
骨補填材
バイオス
Bio-Oss
(Geistlich, Swiss)
脱タンパク牛骨ミネラル
非吸収性骨再生材料
(ウシ由来)
天然由来のウシの骨を15時間以上に及び高熱で処理し、タンパク質やその他の有機質成分が存在しない状態にした製品です。日本では1999年に認可が申請され、201112月にようやく厚生労働省に認可されましたが、海外ではすでに広く使用されている、実績のある移植骨です。
インプラント治療に使用する場合は、適応外使用となるため患者さんの同意が必要です。
メンブレン
バイオガイド
Bio-Gide
(Geistlich, Swiss)
吸収性コラーゲンメンブレン
吸収性歯周組織再生用材料
(ブタ由来)
 ブタのコラーゲンを用いたシート状の吸収性材料です。口腔内の患部に被覆し、歯周組織の再生を図る目的で使用します。骨補填材を保護し、合併症を最小限にするための材料です。バイオスとともに厚生労働省の認可を得ています。インプラント治療に使用する場合は、適応外使用となるため患者さんの同意が必要です。



---これはインプラント治療後ですね。(図4) となりの歯とほとんど見分けがつかないですね。 凹んでいた歯茎もふくらんでいます。
前歯部では、審美性、いわゆる見た目の回復も重要な要素です。 歯の形だけでなく、 歯の生え際の歯肉の形や、歯茎のふくらみも回復しなければならないので、治療としては複雑になります。 今回はインプラント埋入手術以外に、骨移植歯周形成外科手術を複合的に組み合わせています。


4 最終補綴物装着


前歯のインプラント治療は歯の部分だけを作るのではなく、歯茎や骨を回復させる治療も必要になるために難しいといわれているのですね。

そのとおりです。
骨増生や歯肉粘膜移植も、条件がよければ良い結果になりますが、もともとの骨や歯肉の厚みが薄い場合ですと、一度の手術では難しく、数回の手術を繰り返し必要とする場合もあります。

あまり手術の回数を増やしたくないというご希望ももちろんあると思います。機能性はもちろんですが見た目も含めて、インプラント治療でどこまで回復できるのか、事前に担当の先生とよく相談することが大切です。




_______________________
執筆者略歴
歯科医師(東北大2002年卒)・歯学博士(東京医科歯科大2006年修了)
公益社団法人日本口腔インプラント学会専門医日本口腔インプラント学会 関東甲信越支部・東京

治療方法
GBR (Guided Bone Regeneration)
自家骨や骨補填材を使用し、幅や高さの少ない歯槽骨のボリュームを増大する治療です。
利点
・骨幅が狭い部位に対しても、インプラントが適応できます。
欠点
・状態によっては移植部分の吸収などにより、想定している量よりも骨増生量が少ない場合があります。再度の手術が必要なときもあります。
・喫煙などによる影響で、創部の治癒が遅延し、細菌感染を起こす可能性があります。
費用
(しおさい歯科クリニックでの料金概算)
1ブロック: ¥50,000(税別)

例)上顎前歯1歯欠損のインプラント治療とGBR
インプラント埋入手術:¥200,000
GBR ¥50,000
上部構造:¥150,000