2018年8月26日日曜日

VI. インプラント周囲の歯肉粘膜移植術(FGG,CTG)とは?

VI. インプラント周囲粘膜の治療のはなし   足りない歯肉を増やすには
インプラント周囲疾患の予防という観点からみると、インプラントを長持ちさせるには、歯ブラシや歯冠ブラシによるプラークコントロールがとても大切です。

それと、定期的なメンテナンスでしたよね。
そのとおりです。でも一番大切なのは毎日のお手入れです。これは患者さん主導で行う必要があります。 患者さんが適切なブラッシングがしやすいように、お口の中の環境を整えるのが歯科医の仕事になります。

歯磨きしやすい環境とはどんなことでしょうか。
たとえば固定式のインプラント治療の場合、歯冠の形です。お手入れしやすいように、適切な隙間を作ったりします。 また歯肉の状態も歯磨きに影響する場合があります。
歯を失うと周りの骨や歯肉も失ってしまうお話は、以前もしましたが、今回は下顎の奥歯でのケースです。

左の治療前の写真をみると、抜いた歯の周りの歯肉がなくなっています。 その部分には頬粘膜というほっぺの内側の粘膜が入り込んできています。 (図12左)点線の部分が頬粘膜と歯肉の境目になります。
12 インプラント周囲に角化粘膜を増やしたケース

歯を失うと同時に、歯の周りの支持組織(骨や歯肉)もなくなります。 インプラント(人工歯根)は歯根の代わりになりますが、 骨や歯肉も増やさなければならない場合もあります.写真(左)は、下顎奥歯(一番奥)へのインプラント治療の術前写真です。 インプラント治療予定部位には、しっかりした歯肉が失われています。 そこで口蓋部(上あごの歯ぐき)より粘膜を採取し、インプラント周囲に移植を行いました。

歯ぐきの表面の違いがあるというこうですか?
はい。たとえば、上あごの前歯のまわりの歯ぐきに歯ブラシをに当てても、さほど痛くないと思います。 これは歯肉に厚みがあり、表面が硬く(角化)なっているからです。 では、ほっぺの内側に歯ブラシを当ててみてください。頬粘膜は薄く表面もやわらかいのですからチクチクしますよね。これが歯肉と粘膜の違いによるものです。


インプラントの周りが薄い粘膜の場合、歯ブラシを当てにくくなるわけですね。
インプラントの周りの粘膜が薄く動きやすいと、ブラッシングしにくかったり、歯茎が退縮といって減ってしまうこ ともあります。そのために、硬く丈夫な粘膜を増やす治療を行います。 遊離歯肉移植術(Free Gingival Graft)という方法で、上あごの口蓋という部分から 丈夫な粘膜を取り出し、インプラントの周りに移植を行いました。(図12

歯ぐきの厚みも回復したことで、それに合わせた天然歯に近い形態の上部構造が装着できます。 こうすることで患者さん自身の口腔清掃をしやすくし、インプラント周囲の環境をより安定させることができるようになります。

_______________________
執筆者略歴
歯科医師(東北大2002年卒)・歯学博士(東京医科歯科大2006年修了)
公益社団法人日本口腔インプラント学会専門医日本口腔インプラント学会 関東甲信越支部・東京




歯肉が薄いなどのインプラント周囲の粘膜を改善するために
治療方法
FGG (Free Gingival Graft; 遊離歯肉移植術)
CTG (Connective Tissue Graft; 結合組織移植術)
利点
清掃性がよくインプラント周囲のメンテナンスがしやすい。
健全な粘膜が増えたことで、審美的・機能的にも良好な結果が得やすい。
粘膜を口蓋部から採取する必要があるため、術後1,2週間は疼痛や食べにくいなどの不具合があります。
十分な量の組織量が採取できない場合は、複数回の手術が必要になります。
喫煙などの状況により、移植片が壊死してしまうこともあります。
費用について
手術料(FGG,CTG共に) 1ブロック ¥50,000(税別)

(例) 2本のインプラントと3歯分の上部構造の場合
インプラント埋入手術:¥200,000 x2
上部構造:¥150,000 x2 ,¥100,000 x1
スクリュー固定加算(スクリュー固定用パーツ)2箇所
¥30,000 x2箇所
FGG 1ブロック ¥50,000